アスベスト処理

アスベスト処理は内装解体作業時に発生することが多く、アスベスト(石綿)は飛散によってさまざまな健康被害を起こしてしまいます。そのようなことがないように、徹底したアスベスト対策を行っております。

平成18年以前の建築物にはアスベスト(石綿)が様々な箇所に使われているので、解体する際には飛散を防ぐ適切な処置が必要です。
梁田解体工業ならアスベスト診断士の元、アスベスト除去の施工実施するので安心です。

  • アスベスト処理レベル1~3まで

  • 廃石綿・石綿含有建材解体処分

  • 石綿含有塗材剝離処分